安山病院

  • HOME
  • ネットワーク
  • 病院
  • 安山病院

北東アジア時代最高の医術とサービスの実践、高麗大学校安山病院が開いて行きます。

高麗大の安山病院は、高品格診療、創造的研究、核心医療人材の養成などを通じ、国民保健の向上に寄与しています。保健愛民の設立理念で、1985年4月15日に開院した高麗大の安山病院は、優秀な医療陣と総合医療情報システム(MIS)、医学映像保存転送システム(PACS)、PET-CT、真正な患者中心の医療サービスを提供しています。

実力で勝負する集中と選択の「特性化センター」運営

診療力量において高麗大安山病院は、名実共に地域基盤特性化センターで成長してきた「産業医学センター」、「応急医療センター」、「リハビリ医学センター」、「総合健診センター」、「睡眠障害センター」、「臨床試験センター」、「消化器センター」などを国内最高水準の専門センターで拡大・育成しています。また、世界的な先進術技を誇っている内視鏡医学科外科の腹腔鏡を通じる最小侵襲手術、世界最多手術件数と最高の手術成功率を誇る凹胸手術などを特化することと同時に、「消火器センター」、「最小侵襲手術センター」、「凹胸センター」などを開設し選択と集中による国内1位である同時に、世界と肩を並べることのできる名実共にセンター中心の病院を実現して行く方針です。

先進医学を実現する「世界的な研究所」運営

高麗大の安山病院は、国内外的に広く認められている「医科学研究所」、「人間遺伝体研究所」、「老人健康研究所」 などを通じ、火の消えない研究、先進医学を実現するための高麗大医療院の尖兵役目をしています。

「寄付とボランティア」を通じる仁術の実践

高麗大の安山病院は、「サハリン同胞支援」、「安山市外国人労動者センター支援」、「市民無料乳房癌検診」、「パキスタン海外医療ボランティア団派遣」、「フィリピン心臓病子供支援」事業などを通じ、地域社会とともにする病院、人類の健康と幸せを守る病院で位置づけするために愛の実践への歩みを引き続いています。

ANSAN HOSPITAL

Contents manager