保健大学院

  • HOME
  • ネットワーク
  • 教育/研究
  • 保健大学院

Introduction

  • 1999年11月2日、教育部から設立が許可され、2000年3月1日に開院されました。環境保健科学科(Department of Environmental Health Science)、疫学及び保健情報学科(Department of Epidemiology and Health Informatics)、保健政策及び病院管理学科(Department of Health Policy and Hospital Management)など3学科を設けている修士課程です。

学科紹介

環境保健科学科

  • 国際的な環境保健の問題から一般生活及び産業場での環境及び産業保健領域まで多様な分野の環境と産業保健問題を解決するために研究する学問であり、環境及び産業保健分野に対する社会と企業の要求に応じ、専門家を培養、訓練、教育することを目標にしています。

疫学及び保健情報学科

  • すべての保健医療分野の基礎学問でありながら、情報とデータ中心の情報社会に進むともに、さらに重要性が強調されている学問です。最近、疾病管理本部、食品医薬品安全庁などの政府機関、研究機関、製薬会社、総合病院など各分野で専攻者の需要が一番速く増加する分野です。疫学を中心に保健医療情報学、保健統計学などを包括して計量保健学的原理と方法論の開発及び創意的活用を目標にしています。

保健政策及び病院管理学科

  • 病院の役目と機能についての考察、病院組職の特性についての理解と效率的な管理能力を培養させようと研究する学問です。このために、医療サービスクォリティの向上のための多様な管理技法、理論、実務について教育を実施し、この分野で携わるとかこれから携わる人々に各種の保健医療組職の管理者としての専門的な能力を培養、訓練、教育することを目標にしています。

入学資格

  • 国内外の4年制大学で学士学位を取得した者または取得予定者
  • 旧大学令による大学卒業者
  • -外国で16年以上の学校教育課程を修了した者
  • 他の法令によって上記と同等な学歴があると認めた者

学位要求事項

  • 修士学位過程の授業年限は最小5学期で、在学年限は5年(10学期)です。授業日数は毎学期16週以上で、授業は専攻別に夜間に実施します。修士学位の授与は教科単位24単位以上、論文指導8単位以上を履修して、外国語試験と総合試験に合格された者として、修士学位論文を提出し公開発表審査と口述試験に合格した者に授与します。
Contents manager
Department of Academic Affairs Park Sam Suk MAIL 82-2-920-1175